人と家計にやさしい『4倍断熱の家』4つのお約束施工事例 プラン・価格光輝建設のシ・ゴ・トお客様の声




一般的な住宅の外壁断熱厚さは10〜15cm程度ですが、より快適で、より暖かく、より少ないエネルギーで暮らせる住まいを目指し、光輝建設では平成25年から外壁の断熱厚を40cmとした『4倍断熱の家』をご提案しています。 構造体は分厚い断熱材を施工するために、工夫や改良も必要になってきますが、光輝建設では外壁の2×4スタッド間(縦枠材の間)に9cm、さらにその外側に31cmの断熱材を施工。31cmの断熱部分は室内の熱が外に逃げるのを最小限に抑えられるよう、施工方法や納まりにも工夫しています。



40cm断熱により断熱性能が飛躍的に向上したことで、エアコン1台による暖冷房も可能になりました。パネルヒーターなどの補助暖房設備は一切不要で、暖房費が家計の負担になることもありませんし、設備の維持管理も楽になります。 16cm断熱の従来仕様と比べると、工期は約10日ほど延び、価格は40坪程度の規模で250万円ほどアップしますが、200万円ほどかけて4kWの太陽光発電を設置するのであれば、冬期間の発電量低下やシステムのメンテ・更新といったライフサイクルコストなども含めて考えた場合、40cm断熱のほうが確実にメリットがあると言えます。






暑さ寒さのストレスから解放され、いつも快適に過ごしたい”という、理想の住まいを実現するのが『4倍断熱の家』です。 外壁の断熱厚さを一般的な住宅の4倍とし、丁寧で精度の高い気密施工を行うことによって、年間を通し最小限の暖冷房で家中を快適な室温を保つことが可能。温度差がある部屋への移動によって起こる急な血圧変動などヒートショックの危険もなく、小さいお子さんから高齢者まで健康的な暮らしを送ることができます。 また、高気密化によって室内の空気の流れを簡単にコントロールできるため、換気システムで常に新鮮かつきれいな空気を取り込むことができ、室内空気汚染によるシックハウスの心配も解消。『4倍断熱の家』は、気密、断熱、換気のバランスが良い快適な健康・省エネ住宅を実現できます。



住宅の性能を良くすることにより、室内の上下の温度のムラや、居室内の温度差をなくすことができるため、暖房機は小さなものにしたり、台数を減らすことが容易になります。
高性能エアコン等の成績係数が良いものを使用することにより、40坪以上の住宅でもエアコン1台、年間暖房費5万円以下という住宅が実現されています。



デザインばかりを重視して、屋根や外壁を複雑に作ったり、一部2階にするのは将来的にメンテナンスが大変です。
屋根だけ直したいのに壁もいじらなくてはいけなかったり、入り組んで通風性の悪い部分を外壁に作ってしまうとカビたり、腐ったり、アリがついたり・・・屋根や外壁を複雑にしない、出窓は作らない、”シンプルイズベスト”を基本にアウトプランを考えることで20年、30年先のメンテナンス金額を大幅に減らすことができます。

  • イベント情報ハウスマンQ&A 光輝建設株式会社のZEH計画における取り組み 光輝建設株式会社の不動産情報 リンク 北海道ビルダーズ協会 きた住まいる 日本VOC測定協会

人と家計にやさしい『4倍断熱の家』4つのお約束施工事例プラン・価格光輝建設のシ・ゴ・トお客様の声